愛犬のピンチを救ってくれた

飼っておる犬が異物を飲みこみ獣医に見せに行ったところ、オペをしなければ命にかかわると言われました。
ご存知のまま生物の検査費は高く、ペット保険にも入っていなかったマンションでは、すぐに高額のオペ費用を用意することができません。
このまま愛犬が死んでしまったら…と練るだけで涙が出ました。その時奥様が、『こういう状況こそ、以前に作ったキャッシングカードを
利用しよう!』と提案してくれたのです。そのうち利用することもあるかもとカードだけ作っていたのですが、これまで使用することは
ありませんでした。どうやってキャッシングすればいいかもわからないほどでしたが、協議TOPに連絡して親切に教えて頂き
すぐに必要だった10万円を借り入れることができたのです。おかげさまで愛犬のオペは成功し、元気になって退院することができました。
必要なキャッシングだったと感謝しています。