身の丈にあったマネーの使い方

社会人になって、ずっと憧れていたクライアントと付き合うことになりました。社内異性で彼は社内でもトップの美少年、こんな彼と付き合えるなんてと、もう怪奇のような質ことに舞い上がり、それと同時に彼に相応しいレベルのお母さんにならなくてはと願い、私磨きに取り組むようになりました。今まで行ったことなかった温泉に訪れ、優良スーパーで高いコスメティックを買い、デートの時に少しでも彼にかわいいと思ってもらいたく、頑張って高いウェアや靴、バックなどを買い、各回違うウェアでデートに行っていました。学生から社会人になったことから、今までの学生パートよりもかなり大目のお金が混じることから、ちょっとくらい大丈夫かと全く気にせず買っていた箇所、預金は全然溜まらず、いつのまにかカードの払い出しに月末は追われる連日に。おまけに自宅の更新月をすっかり忘れてあり、本当にお金がなく、このままでは追い出されるためキャッシングをしようかと本気で悩みました。しかし怖くてやり方が出せず、普通両親にわび利益を借り、なんとか乗り切れましたが、社会人になって両親に利益を借り上げるんて情けないと、自省し、それから無理をするのを止めました。彼もそのままでもいいと言ってくれたので、それからは伸長にあった利益のやり方をしています。