年俸日前の災厄

私の勤めいている会社は、月間15日光が月収日光です。俺はまだ登用したばかりなので当然月収は低い層に入ります。ですが、私のいる我が家の家賃は10万円を超えています。家賃に月収の大半を使ってしまっているので、欲しい物を買うこともできず、食事も一年中インターネットで探した節減メニューを実践しています。
この生計が辛いとは感じませんが、遊ぶこともできないし、欲しい物を購入することもできない常々に嫌気がさすことがあります。そんなときは、嗜好のお金をかけない競馬でストレスを発散します。競馬が昔から好きなんですがお金を掛けて競馬をやったことがありません。重賞以外も見たくて近くの競馬所で競争が生じるときは、なるべく見に行けるようにしていた現代もありました。ですが、お金がないので本当に見て帰るだけです。的中比率が半分を超えるようになったらお金を掛けても良いかもしれないと思っています。あんな生活をして要る中で、月収日光前に全お金を落としてしまうというアクシデントに見舞われました。
ただでさえお金がない生活をしているので、全お金がなくなってしまっては、融資を始める以外の進路はありません。そこで俺は秘訣がなく大手消費者金融のキャッシングを利用しました。それから返済するまで、本当に苦しい生計が続きましたがなんとか完済することができてよかったと思います。